日本の服の心地よさは久留米絣が教えてくれた

「日本の布で作った服、心地よすぎる・・・!」
と初めて知ったのは、田植えで早乙女(さおとめ)の衣装を着た時でした。

その時に着た田植えの衣装、
今日たまたま目にする機会があり、
タグを見てびっくり!

前から好きで好きで仕方なかった【久留米絣】でした。
(MONPE、超愛用中!)

f:id:hinakimiduki:20210116155929j:plain

早乙女の衣装・・・イメージしやすいのは、
朝ドラの『あまちゃん』の海女の衣装でしょうか。
あれに近い衣装で、菅笠がつきます。
(嫁入り前の娘は、手ぬぐいで顔を隠します、それが色っぽいこと!)

早乙女の衣装、着ると、
風通しがよくて、
汗もさらっと乾き、
動きやすい。

あまりに心地よく田植えができて、感動しました。

逆に、今まで着てた西洋の服が、気持ち悪く感じました。

「なんて通気性が悪くて肌につく服なんだろう」、と。

湿度の多い日本には、ほんとは合わない服なんだ、

とその時に思いました。

ここ2週間、ランジェリーを作るための日本の布を探していましたが、
原点の久留米絣で探そう、という気持ちが強くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA