雷は神鳴り、未来の私たちのために。

こんばんは^^

 

今日、茨城は、体験がしたことがないようなすごい雷雨でした。
(皆さんの地域は停電など大丈夫でしたでしょうか)

 

f:id:azuchana:20210711220705j:plain

 

雷は、神鳴り

(かみなり)の語源は、「神鳴り(かみなり)」
古来より雷は神が鳴らすものと考えられてきました。

英語のthunderも、北欧神話雷神thor(トール)が由来だと言われ、
日本でも、雷様風神雷神雷神)は馴染みが深いと思います。

神という字の右側の「申(もうす)」も稲光が走るところから生まれ、
雷が落ちるということは、神が申す」ということだと言われています。

これから雷が鳴るときは、ぜひ
「神が何を人間に申したいのか」
と想いを馳せていただけたらと願っています。

 

f:id:azuchana:20210711223338j:plain

 

1番大事なのは命。

明日からまた、緊急事態宣言が始まり、
今月末にはオリンピック(五輪)が開かれます。

今、国が「緊急事態だ」と4回も宣言する事態となってます。

緊急事態とは、
「戦争、内乱、大規模な災害などによって
 治安や秩序の維持に緊急な危険が生じている状態。(日本大百科全書)」
のこと。

国が「緊急な危険な状態です」と宣言しているということです。

 

f:id:azuchana:20210711231110j:plain

 

どんな時も、1番大事なのは、まず人の命です。

自分が感染したら、大切な家族が1番危険となりますし、
その先には、スーパーの人、職場の人、医療従事者の方など、
たくさんの人が広がっています。

 

神がどれだけ人の命を助けようと伝え続けても、動き続けても、
私たち自身が「大切な人の命を守るにはどうしたらいいか」本気で考え、
行動し続けなければ、収束が難しくなると私は思います💦

なぜなら、ウィルスは、感染を続ける限り、
ワクチンを打ち続ける限り、変異し続けるから。

コロナウィルス自体もまだ未知のウィルスで、
わからないことが多く、
感染力が増すと言われる変異株では
マスクしてても感染した例も出ています。

私は、まだまだ油断せず人とできる限り会わないことが、
確実で最善の策だと思っています。
(ウィルスは宿主が必要なので、感染先がなければ収束するしかないからです…!)

私の周りでも、コロナウィルスによる死者が出始めています。
何をしても取り戻せないものなので、やはり1番大事なのは命だと私は思います。

また、オリンピックも大きな報道はされていませんが、
関連施設の建設が工期が短くなったため安全な状況で工事されていなかったり、
極度の長時間労働による自殺を含めた死者も出ている現状もあります。

  

地球の自然は後戻りできないところまで

 

2019年に、
地球の自然がもう後戻りできない臨界点を超える危険性
が報道され、

去年には、
地球の生物は、過去50年間で2/3以上の個体数が減少した(!)
発表されました。

 

また、オリンピックでも、
東南アジアの熱帯雨林の木材が大量に使われ
オランウータン(絶滅危惧種)などが急減する
こととなっています。

 

f:id:azuchana:20210712013948j:plain

 

 

すぐにでも地球の自然のために動き始めないといけないところまで
私たちは来ています。

人は、動物たちを殺したり、自然を壊すことができます。

ですが、私たちは、動物たち尊重し手を差し伸べ
自然と共に繫栄して生きていくこともできます。

自然環境に無関心な人がまだまだ多いですが、
一人一人の生活が、地球の自然へとつながってます。

動物たちや自然と共に生きる気持ちを持たなければ、
気候変動や、食糧難、自然災害、水不足、
今回のような感染症パンデミックなど、
自分たちへと返ってくることとなります。

 

f:id:azuchana:20210712000940j:plain

 

お天道様はすべて見ているよ、と親からよく言われたように、
神はすべてを見通しています。

神が雷を通して私たちに警告したくなる気持ちが
私はわかる気がしています。

 

▽参考資料
「新型コロナウィルス発生の裏にある”自然からの警告”」
(環境省第 10 回 国連生物多様性の 10 年日本委員会 より)
 

 

わたしたちほんとうに望むことはなに?

わたしたちが本当に望むのはどんな未来なのか、
みなさんは考えたことがありますでしょうか^^

きっと、皆さんが描く未来は、
自然災害や、パンデミックが起こり続ける社会ではないはずです。

私は、地球全体が一つとなり、
戦争がなく、心から安全で、笑顔が自然体で、
人々同時で助け合い、自然たちと共に暮らす未来を描いています☆

 

f:id:azuchana:20210712003326j:plain

 

私たちは、コロナウィルスを通して、
自分と人がつながっていること、をよく理解したと思います。

 

ラテン語の言葉に
Non mihi, non tibi, sed nobis.
私のためではなく、あなたのためではなく、私たちのために
という言葉があります。

「自分だけよければいい」という考え方ではなく、
「人のために」「私たちのために」
という気持ちを持つことが大切です。

これは、人のために、だけではなく、
動物たちも草も花も木もみんなのために、です。

今起こっている事実にすべてが詰まっています。

今は緊急事態なので、
まずはとにかく、健康に、命をつなぐことが最優先ですが、
その上で、事実をしっかり見つめて、どのような未来を描くのか、
そのためには何をするのか、
「私たちのために」という視点で、
ひとりひとり真剣に考えていくことが必要だと感じます。

自粛が長引き、みんなつらい時期でもあります。

収入が減り困っている人もほんとうにたくさんいると思います。

正常な国家だったから、
命を1番にする政策をとり、
コロナウィルスに関する正しい情報が与えられ、
どうしたら家にいながら健康に楽しく過ごせるかアイデアをみんなで出し合い、
笑顔で楽しく過ごすと思います。

困っている人がいたら、みんなで知恵を出しあい、
これまでの常識にとらわれずに、みんなで知恵を絞り合って、
手を差し伸べ合って、
暮らしていく道をみんなで見つけてくと思います。

今はオンラインで、
会えずとも人とのつながりは広がっているはずですからね^^

 

今はそんな社会ではないですが、
コロナウィルスにも、自然にも、
県境も、国境も、人種も、宗教もありません。

世界の人々が「わたしたちのために」という気持ちをもって、
心を一つにしていけば、必ず乗り越える道が見つかるし、
望む未来へと歩み続けることができると私は信じています。

壮大じゃないか、と思うかもしれませんが、
これはずっと世界中の人たちが言っていることでもあります。

 

雷が鳴る時、今、神が私たちに申したいことはなんなのか、
どうか感じてほしいと切に思っています。

報道だけでなく、自分の感覚で感じることを大切に、
自分が望む本当の未来へと歩んでいくきっかけとなりますように☆

 

 


www.youtube.com

 

hina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA