あなたの未来は、自然と共にある

こんにちは^^

暑い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか☆

今日は、
数日前に出会ったあるカブトムシさんからのメッセージを
お伝えしたいと思います^^

隠れていたカブトムシさん

今日、どこでカブトムシさんに出会ったかというと、
樹がいっぱいある公園の横にある
ごみを捨てるときにかける「網(あみ)」のところです。

隠れるようにしていました。

カブトムシは、幼虫→さなぎ→羽化する生きものです。

このカブトムシさんは、
この中のどこかでうまくいかなかったのだと思います。

羽が上手に形作られなかったようで、
羽をしまう殻のところがなみなみしていて

「あぁ、飛べないだろうな…」
と思いました。

f:id:hinakimiduki:20210727173900j:plain

野生では、身体のどこかが欠けてしまうと
生き抜いていくのが難しくなります。

でも100%じゃないかもしれません。

生き抜けるといいな、と願う気持ちでした。

カブトムシさんからのメッセージ

カブトムシさんと話していて、帰ろうと歩き出したときに、
後ろからまだ視線を感じて。
(網によじよじしていました💕)

聞いてみると 

僕みたいな、こういう生きものがいるということを伝えてほしい。

 と。

昆虫界にも、不自由なからだを持つものがいる、ということを、
想像してほしい。

と。

でも、だから「助けてほしい」とかそういうことを言いたいわけではない
と感じました。

樹さんや植物さんや、生きものたちと話していると

「気にかけてほしい」

という言葉が、私にはよく聞こえます。

僕たちはあなたたち(人間)と同じ生き物なんだ。
仲間なんだ。
私たちを見るときに、人間と同じ仲間として見てほしい。接してほしい。

という意味で「気にかけてほしい」という言葉になっている
想いが私には伝わってきます。

自然(じねん)

今のは、nature=自然(しぜん)と訳されますが、
元々は自然じねん、と読みました。

英語のnatureは、人と自然を分けた価値観です。(例えば公園で区切るなど)

自然(じねん)は、人と自然を分けず「人も自然の一部だ」という価値観の言葉です。

もともと日本語には、
人を自然を分ける言葉が存在しなかった
と言われています。

f:id:hinakimiduki:20210727225442j:plain

虫の声も、虫の「声」と認識するのは日本人とポリネシア人だけで、
他の国の人は「雑音」と認識されて分けられる、
というのも聞いたことがある方もいるかもしれません。

みなさんも、虫の声は、「ミンミン」「チンチロリン」など
「声」として聴こえると思います^^

そのくらい、日本人は、自然と共に暮らしてきました。

私たちは、自然がないと今日生きていくこともできません

私たちが、この瞬間の呼吸の酸素は、植物と光が作り出します。

毎日飲んでいるも、雨や、山や土や植物や、
たくさんの微生物を含む生きものたちがいて働いているからこそ、
飲める真水が今日も手に入ります。
毎日食べている食べ物も、たくさんの自然の命を頂いています。

f:id:hinakimiduki:20210731224543j:plain

私たちは、
何一つ、自分の手だけで生み出すことはできません。

毎日、この瞬間自然の恩恵を受けて
自然と共に暮らしています。

私たち人間は、本来、感謝してもしきれないほど
自然たちのお世話になっているのです。

毎日、少しでもいいから自然を気にかけることから始めよう

今、地球の自然は、臨界点を突破する寸前まで来ていると言われています。

世界終末時計というのも聞いたことがある方もいると思いますが、
今年1月には、残り100秒だと発表されました。

核兵器や気候変動、コロナウィルスの蔓延などが理由となっていますが、
みなさんも、どこか身体や心の感覚で、地球の危機を感じている方
多いのではないでしょうか。

f:id:hinakimiduki:20210102112617j:plain

私たちは日々とても忙しく、自分のことに精一杯になりがちです。
また都会に住んでいると特に自然とは遠く離れている気持ちになります。

私自身も、都会育ちなので、気持ちはよくわかります。

でもね、ちょっと立ち止まって、
周りやモノや、空気、水など目を向けてみてください。

私たちは、毎日、自然に支えられ、生かしていただいているのが
わかると思います。

自然がなくては身の回りにあるもの、今日生きるためのもの、
何一つ自分の手では生み出すことができないのです。

なので、少しでいい、
1秒でもいいから、
何かものを使う時、
水を飲むとき、
外に出た時、
自然たちのおかげで今日生きられるのだ、ということを
思い出してほしい。

そして、できるなら
自然のことを、支配するのではなく、
友として気にかけて欲しい
のです。

「ありがとう」という気持ちで接してほしいのです。

f:id:hinakimiduki:20210731230430j:plain

自然たちは、言葉はしゃべることができないけれど、
ちゃんとあなたの心を見て答え
いつも共に地球に住む仲間として生き
応援してくれています。

でも、私たちはどうでしょう。

自然たちへの感謝を毎日しているという人がどれだけいるでしょうか。

それどころか、木を切り倒し、たくさんの動物の住処を奪い続け、
1年間4万種の生きものが絶滅し続けていると言われています。

植物さんたちから気持ちを、聞いたこともありました。

私たちを、奴隷としてでなく友として接してほしい。私たちを、奴隷としてでなく友として接してほしい。

あなたの未来は、自然と共にあります。

地球が本来の豊かな自然を取り戻し、
地球や、住まう植物や生きものたちが笑顔で暮らせる地球になりますように。

それには私たち人間が働きかけ続けなくてはいけません。

どうか目を覚まして、人間たちよ。

自然と共にあることを思い出して。

みんな地球という星の乗組員。

みんな一丸となって協力し合って生きていこう。

私はそんな地球を願っています。

美月一奈輝

2 COMMENTS

idory-yocchan

おはようございます🥰
カブトムシさんの声に涙が😢
そうですよね、自然界の生き物さん達の中にも五体満足ではない生き物が。
でも、その理由はきっと人間のせい。
全てではないかも知れないけど、多いのではないかな。
同じ生き物なのだから対等に接するのは当たり前。
「気に掛けて欲しい」
心に刺さりました。
有難うございました🙇‍♀💓💓

返信する
hinakimiduki

よっちゃんさん☆
おはようございます☀
読んでいただいてありがとうございます^^
そうなんですよね、人間のせいかもしれなくて、
私も頭をよぎって、
思わず人間のせいだったらごめんなさい、と声かけてしまいました…!💦
改めて、農薬などのことも考えました。
 
私ももっともっと気にかけ、対等に、友として接していこうと思います。
一緒に緑の地球へ向けて今日も生きていきましょー✨
こちらこそいつもありがとうございます♡

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA