地域に残るどんど焼き

f:id:midukihinaki:20220125144727j:plain

ご縁があって、
茨城県の桜川というところの、
地区の住民が行うどんど焼き
見学させていただきました。

 

f:id:midukihinaki:20220125144737j:plain

昔は、集落に茅場(かやば)ときって、
ススキやスゲなどのイネ科の植物を育てる場所がありました。

なぜ、そんな場所があったかというと、
茅葺き屋根など、暮らしのために使っていたからです。

今は日本中で、茅場はかなり数が減っていると思いますが、
ここの地区は、まだ茅場が残っていて、
そこで、どんど焼きをしているとのことでした。

茅を刈って、積んでいたものに火をつけます。

f:id:midukihinaki:20220125144809j:plain

一気に燃え上がります。
かなり熱くて。

f:id:midukihinaki:20220125144823j:plain

見ていると、火の中に神を感じて、
自然と去年一年の感謝と
今年一年無事に過ごせますように、という想いが込み上がってきました。

昔から人々は、炎や火の中に神を感じてきたのが
わかる気がしました。

f:id:midukihinaki:20220125144836j:plain

忙しい日常で、
なかなか立ち止まって、想いを馳せる機会は少ないですが、
昔はこのような神事が日々の中にたくさんあって、
そのたびに心を正して感謝を思い出し、
祈り、暮らしてきたんだなって、
思いました。

f:id:midukihinaki:20220125144849j:plain

このあと、住民たちが
鏡餅とかを焼いて食べていました。

火は食とつながり、
火があるからこそ、日々食事をいただけるのだな、と、改めて。

昔は子どもたちが朝まで火の番をしたそうで、
大きい子からどんなこと教わったのかな、
子どもも村の住民として、
役割がちゃんと与えられていて、
昔はいい習慣があったんだなって思いました。

f:id:midukihinaki:20220125144900j:plain

刈ることで、来年の成長が促進し、
燃えたあとの灰は、植物たちの栄養になります。

古くからの慣わしは、
自然にも無理がなく、
住民たちにとってもいい機会となり、
みんな笑顔になる。

そんなことを知ったどんど焼きでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA